週刊ダイヤモンドの特集「自宅で看る介護」はわかりやすいテキスト ブックマーク数

在宅で親の介護をしたことがありますが、短期間に知識と情報を詰め込んだので、もっと早くから知っておけばよかったと思っています。

書店で見かけた8月6日発売の週刊ダイヤモンド2011年8/20号は、介護の最新情報やノウハウが幅広く載っているので、介護のことを知りたい人におすすめです。私も買いました。

自宅で看る介護(週刊ダイヤモンド)

この投稿の続きを読む »

『一人暮らしの年金生活をする女性』を想定 ブックマーク数

厚生労働省の調査によると、2010年の日本人の平均寿命は、男性79・64歳、女性86・39歳だったそう。やっぱり女性の平均寿命は男性に比べ高いですね。

私はこの年金プレシャスを『ゆくゆくは一人暮らし年金生活をする女性』を想定して作っています。

配偶者との死別や熟年離婚などで、年金生活者の一人暮らしは増えているからです。また夫婦二人なら、生活を安定させる力が倍になるため、目の前にいる一人暮らしの母をモデルにして考えることにしました。

海岸の花

この投稿の続きを読む »

婦人公論の高島礼子さんの健康法に共感 ブックマーク数

婦人公論を愛読しています。愛読といっても定期購読はしていなくて、その都度、特集を見て買うか買わないか、決めています。

8月6日発売の2011年8月22日号は買いました!特集は、『<緊急保存版>残暑の乗り切り方で決まる、これからの心、体、暮らし』です。

婦人公論

この投稿の続きを読む »

老後難民予備軍 ブックマーク数

年金生活のことを調べていると、老後難民予備軍という言葉が目に留まりました。

老後難民予備軍とは、2010年4月にフィディリティ投信が全国のサラリーマン1万人を対象にアンケートした結果に載っていた言葉です。
フィデリティ退職・投資教育研究所レポート(PDFです)

この調査で老後資金をまったく準備できていない人が4割もいて、老後難民予備軍になるかもと書いてありました。

これから自分で理想の年金生活の準備をしていく!と決意して、この年金生活プレシャスを作ったのですが、出鼻をくじかれてしまいました(どうしましょう)。

年金生活の準備をするとなると、まず頭に浮かぶのが老後資金はどうする?ってこと。公的年金制度は20数年後にどうなっているかわからないし、あてにできない。かといって、貯金も教育費や家のローンに消えていくだろうし。

今のうちに、老後資金のこともしっかり考えていかなくては、理想の年金生活はまぼろしになってしまいます。

長く付き合える友達はいますか? ブックマーク数

友達と呼べる人はたくさんいます。

でも、二十数年後に年金生活へ入ったとき、付き合い続ける友達は何人残っているのだろう?そう考えると、長く付き合える友達って、どれだけいるのか、想像できません。

この投稿の続きを読む »

2 / 3123