年金生活プレシャス > 人間関係 >

長く付き合える友達はいますか? ブックマーク数

友達と呼べる人はたくさんいます。

でも、二十数年後に年金生活へ入ったとき、付き合い続ける友達は何人残っているのだろう?そう考えると、長く付き合える友達って、どれだけいるのか、想像できません。

環境が変わると友達も変わっていく

今までの友達は取り巻く環境とともに、変化していきました。
たとえば、小さい頃は近所に住んでいる子ども達と遊びました。
学生の頃は学校で同じクラスになったり、同じ部活に入ったりして、友達になりました。
社会人になってからは、職場で出会う人達と友達になりました。
結婚してからは、子どもを通じてママさん友達、いわゆるママ友ができました。

このように自分の人生をふり返ると、自分の置かれている環境によって、友達が変わってきたのがわかります。学生時代の友達で付き合いがあるのは2、3人ぐらいかもしれません。ママ友も子ども達の成長によって、学校が変わると縁遠くなりました。

ご縁を大切にしていく

今はインターネットで知り合った友達がたくさんいます。毎日、楽しくて充実しています。でも、何かの事情で私がインターネットをやめてしまったら、ほとんどの人との繋がりが消えてしまいますよね。

繋がりが消えてしまう理由は、私はもちろんのことインターネットでは、多くの人がハンドルネームを使っているため、私の住所や電話番号を知っている人はほんの一握りだからです。インターネットをやめてしまったら、連絡を取る手段がお互いになくなってしまうでしょう。そんなの、寂しい。

老後のことを考えると、長く付き合える友達を作っていきたいです。それにはお互いの環境が変わっても、繋がっていたいと思える関係が大切なのではないかと思います。

ご縁を大切にしていきます。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪ツイッターでも、更新履歴を流してます。



シェア



タグ: ,

コメントをどうぞ