年金家計簿ガイド > ガス代の節約

冬の食器洗いは手袋をする ブックマーク数

冬の食器洗いはつらい

冬の食器洗いは、水の冷たさを避けるために、ついお湯を使いがちですよね。

母は冷え性のため、冷たい水を避けていました。「お湯を使うとガス代が高くなるわよね」と言いつつ、手の冷えには逆らえないのか、冬の食器洗いはお湯を使っています。しかし、冬のガス代はとんでもない金額になっていました。やはり、食器洗いにお湯を使っていたのが原因だそうで、母はショックを受けていました。
(さらに…)

ペットボトルでぬるま湯を作る ブックマーク数

ぬるま湯を使うときはガス代が気になってしまいますよね。お風呂や食器洗いのときにぬるま湯は欠かせません。中でも、お風呂は多くのお湯を取り替えるので、とてもガス代がかかってしまいます。

しかし、ある節約術のおかげで、あまりガス代の心配をしなくなりました。そんな節約術は、天気の良い日にベランダや庭に水の入ったペットボトルを置くことという方法です。ガスを使わずにぬるま湯を作れるので、ガス代の節約に繋がります。
(さらに…)

シャワーやお風呂は適温にする ブックマーク数

我が家のように「熱いお湯が好きだから」と言って、お風呂のお湯やシャワーを熱く設定していませんか?給湯器の温度設定が高いほど、ガスの量は多くなります。
(さらに…)

やかんや鍋の底の水滴を取る ブックマーク数

私たちが普段何気なく使っている鍋ややかんですが、お湯を沸かす際に気を付けなければならないことがあります。それはとても小さなことなのですが、一体何だと思いますか?
(さらに…)

ガスコンロの汚れをこまめに掃除する ブックマーク数

ガスコンロの目詰まりは火力を弱くする

私は夕飯の片づけが終わると、いつもシンクやガスコンロの周りを布巾で拭いています。キッチンは、油や食べ物のカスなど色々な汚れが溜まってしまうところです。こまめに掃除しておかないと、すぐに汚くなってしまうので、常にキッチン周りはキレイにしているよう心がけています。

しかし、キッチンの中で結構見落としがちなのがガスコンロです。しっかりと掃除していても、たまにガスコンロだけ存在を忘れてしまうことがあります。みなさんは、ガスコンロの中まで掃除しているでしょうか?
(さらに…)

野菜の下茹では電子レンジを使う ブックマーク数

煮物はガス代も時間も消費する

母はよく夕飯に野菜と鶏肉の煮物を作ってくれていました。今でもたまに食べさせてもらっているのですが、昔から馴染みのある味がそのまま残っていて、とても懐かしさを感じます。

私にとっては思い出深い料理時間のため、「また作ってね」とリクエストすると、母は「野菜を煮るのに、結構手間がかかるのよね」と苦笑しながら言いました。

確かに、私も野菜を茹でるのは、少し時間と面倒を感じてしまいます。お鍋に水を入れて沸騰するまで待つだけでなく、食材に火が通るまで待たなくてはいけないので大変です。また、ガスコンロの火で茹でると、時間がかかるだけでなく、その分ガス代もかかってしまいますね。これでは時間もガス代も消費してしまいます。
(さらに…)

夏は朝から湯船に水を張る ブックマーク数

夏はお風呂に入る回数が増えてしまいがち

夏は暑い日が続いて、身体が汗でベタベタしてしまいますね。真夏の暑さはじっとしているだけでも汗がダラダラと垂れてきます。

私は夏になると1日に3回はお風呂に入っています。1回目は出掛ける前に、2回目は家に帰って来たときに、3回目は寝る直前のときです。お風呂で汗を流すと、とてもリラックスできて気持ち良いのです。でも、いちいち何度もお風呂のお湯を沸かしていたら、それだけでガス代がかかってしまいます。節約するためにも、なるべくガス代の使用は避けたいですね。
(さらに…)

給湯器を使ってガス代を節約する ブックマーク数

パスタ、素麺、うどんなど、麺類は簡単にできて美味しいですよね。 ご飯物よりもお手軽に作れるので、小腹が空いたときにはよく作っています。

特に一人暮らしになると手間のかからない麺類を料理する人が多いのではないでしょうか? 母も夕食のときは、よく冷麦やうどんを食べています。 手軽に作れる麺類ですが、実は意外なところにお金がかかっています。
(さらに…)

ガスコンロの火加減は中火で ブックマーク数

ガスコンロの火加減でガス代が変わる

ガスコンロを使うとき、どのぐらいの火力にしていますか?

私は早く熱が通るように火力を強火にして使っていました。お料理のときもお湯を沸かすときもずっと強火に設定していたのです。しかし、ガス代を節約には、強火を使うのはあまり良くないみたいです。なぜ、強火ではいけないのでしょうか?
(さらに…)

ガス料金の仕組みは? ブックマーク数

ガス代の節約とは?

冬はガス代が一番高くなる季節です。 冬になると冷たい水に触れるのを避けて、ついお湯を使ってしまうことが多いのではないでしょうか?また、 お風呂を沸かすときもガスを多く使っています。

たとえば、我が家はみんな寒がりなので、お風呂の温度を熱めに設定しています。 毎日温かいお風呂に入れるのはとても幸せなことなのですが、ガス代の明細書を見ると 思わず血の気が引きました。
(さらに…)