年金家計簿ガイド > 年金家計簿の始め方 >

通帳は目的別に分ける ブックマーク数


年金家計簿と母

いつも使うのはA銀行の通帳だけよ。通帳はいくつもあるけど、複数の通帳を分けて使うのも面倒だしね。でも、どうして目的別に通帳を分ける必要があるのかしら?

通帳は目的別に分ける

通帳を目的別に分けて使っていますか?
母は貯金と自動引き落としを一つの通帳でまとめていました。たしかに、通帳は一つにしておいた方が、いくつも通帳を持ち歩かなくて済みますよね。しかし、通帳は目的別に分けて使った方が、家計管理の面ではわかりやすくなります。

例えば、通帳を一つだけにしておくと、後から「あら、貯金はあとどれぐらいあったかしら?」と楽しみ貯金なのか、特別支出用に貯めている金額なのか、わからなくなってしまいます。また、「電気代の引き落としはどの口座だったかしら?」と自動引き落としの口座も一つにまとめると便利です。家計管理をわかりやすくするために、それぞれの通帳を目的別に分けることにしました。

収入と支出は同じ通帳で管理する

ここで1つポイントがあります。それは収入と支出は同じ通帳で管理することです。収入が入る銀行と支出の銀行を分けてしまうと、手間がかかってしまうためです。

たとえば、年金が振り込まれる銀行でお金を下ろして、自動引き落としをしている銀行へ行くことになってしまいます。また、もし体調が悪くなってしまったら、自動引き落としの銀行へ行くことができず、引き落としができない事態となる可能性もあります。

それぞれの通帳の目的は母と相談して、このように分けました。

収入と支出は同じ通帳で管理する
・A銀行の通帳は「毎月の生活費用」(年金の受給、自動引き落としなど)
・B銀行の通帳は「特別支出用」
・郵便局の通帳は「母のお小遣いを貯める用」

母は足に病気があるため、なるべく歩かせるようなことはさせたくありません。頻繁に出し入れする生活費用の通帳は近所の銀行を選びました。

年金家計簿と娘

通帳を目的別に分けるのポイント
・貯金用や生活費用など通帳を目的別に分ける
・収入と支出は一つの通帳にする
・出し入れの多い生活費用の通帳は近所の銀行を選ぶ
・福祉定期預金やマル優を利用する

スポンサードリンク

コメントをどうぞ