年金家計簿ガイド > 年金生活のボケ防止策 >

ボケ防止に効く掃除の方法 ブックマーク数


掃除で汗だくになる母

母は毎日のように掃除をしています。働いていた頃は仕事が忙しく、一週間にまとめて掃除をしていましたが、年金生活に入ってからは、こまめに掃除をするようになりました。

実家は2階建てなので、掃除機を持って階段を上下したり、物を動かしたりとかなりの運動になるようです。掃除をした後は汗だくになっているそうで、「疲れたわ」と言って一休みするのが楽しみだと言っています。

掃除がよい運動になる

掃除は全身を動かす家事の一つです。普段なかなか外出や運動をしていなくても、掃除だと身体を動かしやすくなります。

そんな掃除ですが、実はボケ防止に効果があるそうです。掃除は体力を使い、こまめに動く作業です。身体機能が上がり、体力維持や転倒防止に繋がっていきます。身体を動かし、家の中も綺麗になるので、一石二鳥になりますね。

認知症予防に効く掃除の方法

ボケ防止に効く掃除の方法は、右手と左手で違う動きを一緒に行うと良いそうです。例えば、ホウキとチリトリを用いて掃除を行ってみましょう。ゴミを掃きつつ、ゴミを集めるという行為を同時にすることで、脳が広い範囲で活性化されてボケ防止に役立つと言われています。

また周りの家族は「ありがとう」や「お疲れ様」という言葉をかけると良いでしょう。声かけをすることで、本人のやる気を起こさせて、自立心や自信に繋げることができます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。