年金家計簿ガイド > 年金生活の健康維持 >

ストレスが溜まると心の病気に ブックマーク数


高齢者は様々なストレスを抱えている

年金生活に入ると定年退職し、子育ても一段落します。ゆっくりと自分だけの時間を持てるようになってきたのではないでしょうか?

自由な余暇を楽しみながら老後を過ごす人が多くなっているのではと思います。その一方で、将来への不安や自分の健康などについてストレスを抱えているそうです。

私の母も、父が亡くなり一人暮らしで不安を感じることが多々あると言っていました。また、お金に関しても少ない年金で暮らしていけるかという心配もあるみたいです。高齢者は様々なストレスを抱えているのだと感じました。

ストレスが増えると危険

ストレスは、心身共に悪影響を与えてしまいます。人間関係やお金の問題など、ストレスは様々な場面に表れてきます。ストレスを感じない日はないと言えるほど、私たちの生活にストレスは浸透しているのです。

ストレスが溜まると転倒しやすくなったり、心の病気になったりします。元気に生活を送るためには、ストレスを解消させることが大切なのです。

ストレスを解消する方法

ストレスを解消するには、感情を素直に出すのが効果的です。無理に感情を抑えると、心に大きな負担をかけてストレスが溜まってしまいます。泣いたり笑ったりをすることで、ストレスが軽減されやすくなるのです。ストレスを解消させたいときは、我慢せずに自分の感情を表に出していきましょう。

また心身の疲れをとるのも大切なことです。心と体に疲労があると、ストレスを感じやすくなってしまいます。バランスのとれた食事や充分な睡眠など、規則正しいを送ることで、心がより健康的になるのです。代謝も活発になり、骨や筋肉の衰えを防止させる効果もあるため、きちんとした生活習慣を送りましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ