年金家計簿ガイド > 年金生活のボケ防止策 >

昔の記憶を思い出す回想でボケ防止 ブックマーク数


思い出に浸る

昔の記憶を思い出すことは、高齢者を元気にさせる方法だと言われています。記憶を回想させると、思い出を引き出そうと脳が活性化します。ボケ防止にも、回想はとても効果的な方法です。また過去を思い出すことで、自分自身の存在を再認識できます。

自分の存在を見つめるのは、とても大切なことです。気持ちを支え、精神的な安定も生まれてきます。自分が一番輝いていた頃を思い出してみましょう。活気のある自分を回想すると、自然と元気が出てくるはずです。たまには、昔の写真を眺めてみたり、古い友人と会って昔のことを思い出してください。

生まれ故郷を訪ねて昔を思い出す

生まれ故郷を訪ねると、昔の記憶が蘇りやすいです。馴染みのある建物や風景を実際に目で眺めると、とても効果的だと思います。

故郷は遠くにあるため、里帰りには新幹線や飛行機などを利用する人も多いのではないでしょうか?乗り物の時間帯を調べたり、旅館に予約したりと事前準備もあるため、頭を使う機会も出てきます。「里帰りのために外出しよう」というやる気も出てくるので、積極性も生まれてきますよね。

里帰りには、ぜひ家族と同行してみてください。自分が住んでいた場所を家族と一緒に周ったりすれば、家族からの理解が深まってくるはずです。旅行気分で家族みんなで楽しむのも、心身ともに健康的になります。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。