年金家計簿ガイド > 年金生活のボケ防止策 >

生きがいを作ってボケ防止 ブックマーク数


生きがいを感じて生きる

年金生活をしている方にとって「生きがい」はとても重要なものだと思います。生きがいとは、生きいく上での幸せや目的、生きているということを感じることなどです。

もちろん、生きがいは人それぞれで、家族が生きがいだという人もいれば、趣味が生きがいだという人もいます。人は生きがいを感じることで生きる活力を見い出します。逆に、生きがいを失うと鬱になってしまう傾向があると言われています。

年を重ねていくほど、生きる活力も徐々に衰えていくものです。だからこそ高齢者になると、生きがいが必要になってくるはずです。限りある人生の中で、自分だけの生きがいを持っていれば、楽しい人生を過ごせると思いませんか?

生きがいは人によって異なります。ボランティア、仕事、人との繋がりなど、それぞれです。まだ生きがいを見つけていない人は、自分の人生を送る上で生きがいを発見してみてください。

ボランティアをする

年金生活者のセカンドライフとして、ボランティア活動を行っている人が多いそうです。
ボランティア活動を行うと、地域や社会に貢献できるだけでなく、やりがいも感じられます。また、体を動かしたり心のゆとりにも繋がるので、心身ともに健康的になれるのです。

人との温かい関わりややりがいを感じるのに、ボランティア活動は最適だと思います。

仕事をする

現役で仕事を続けていくと、ボケ防止になるともテレビで聞いたことがあります。仕事は、生きがいに繋がる大切な要素です。他人から仕事を評価されることで、意欲を取り戻せると言われています。

高齢になると社会や人との関わりを持つ機会が減っていきます。他人からの評価も少なくなくため、生きがいを感じられなくなってしまいます。そうならないためにも、なるべく仕事は継続させていきたいものです。

人との繋がりを持つ

人との繋がりは、生きる気力を養う要素の一つです。
周りに人がいることで、認められたり評価されて自分の存在を改めて感じることができます。

また、他人と話したり遊んだりすることで、脳が活性化するため心も体も健康的になるのです。誰かと関わりを持つということは、生きがいと自分の健康を保つという意味でも重要な役割を担います。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。