年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

シーツを長持ちさせる方法 ブックマーク数


シーツは意外にデリケート

寒い季節になると、布団が恋しくなってきますね。我が家では、冬が始まる前の11月頃にシーツを出して布団に被せる準備をしています。柔らかいシーツの上で眠る温かい布団はまた格別です。「冬の間はずっとこのまま寝てしまいたい・・・」という気持ちにさせられます。

しかし、シーツは人の汗や皮脂を吸収するのですぐに汚れてしまいますね。シーツに汗染みや臭いがついてしまうと、今まで快適だった寝心地が一気に損なわれてしまいます。我が家では、清潔なシーツで寝るために3日に一度のペースでシーツを洗濯するようにしていますが、洗い方次第ではすぐにダメになってしまうことが多いです。

シーツを長持ちさせる方法

そんなデリケートなシーツの負担を少しでも軽くさせる洗い方があることをご存知ですか?シーツを長持ちさせたいときには、洗濯のときにあるものを使いましょう。

そのあるものとは、洗濯ネットです。シーツを洗うときには、濯ネットに入れておくようにしておくと、洗濯時に生地が傷まなくて済みます。もしもシーツが汗や皮脂などで汚れていたら、標準コースでしっかりと洗ってください。そして、脱水は、短時間に設定しましょう。脱水を短めにしておくこと、で生地への傷みが軽くなります。

また、シーツに水分が残りやすいので、このまま干せば水分の重みでシーツが自然と下に垂れ、シワができにくくなるのです。 以上のような洗い方を利用すると、シーツへの負担が軽減されて長持ちします。ぜひ、ご家庭のシーツで試してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ