年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

蛍光灯を長持ちさせる方法 ブックマーク数


白熱電球より蛍光灯

我が家ではまだ蛍光灯を使って生活しています(早くLEDに買い換えたいのですが)。一般的に、蛍光灯は高いというイメージで、実際に白熱電球の方が値段自体も安く、多くの人が手軽に購入しているかと思います。しかし、蛍光灯は白熱電球よりも明るく、電気代も浮くということをご存知ですか?

最近売られている蛍光灯はとても明るいです。我が家は大きめの蛍光灯を使っているのですが、かなり明るく普通に生活できています。また、蛍光灯は白熱電球よりも長寿命だそうです。蛍光灯のように長寿命であれば、購入回数も減って節約できますよね。家計をやりくりしていくのであれば、白熱電球より蛍光灯を使うようにしてみるといいかもしれません。

蛍光灯を長持ちさせる方法

そんな蛍光灯ですが、やり方を間違えると、蛍光灯の寿命を縮ませてしまうことになります。その間違ったやり方とは、電気をこまめに消してしまうことです。

電気代を浮かせるのであれば、使わない電気はこまめに消すのが基本ですよね。けれど、蛍光灯は意外にもデリケートなもので、1回オンオフするごとに30分から1時間も寿命が縮むそうです。これでは、電気をまめに消してしまうとその分、蛍光灯がどんどん使えなくなってしまいますよね。

蛍光灯を日持ちさせるには、リビングルームのような電気をよく使う場所に設置しましょう。リビングルームなら、何時間も電気を使う機会が多いので、蛍光灯の寿命が一気に縮まるということはなくなります。また、トイレやお風呂などあまり電気を使わないような場所は、白熱灯を使うといいです。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ