年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

常備品のストックは買い過ぎない ブックマーク数


安売りでたくさん買って満足

スーパーで常備品を安売りしていると、つい買い込んでしまいますね。私も近所のスーパーが常備品の安売りをしているとすぐに飛んでいきました。たくさん買って「お得な買い物をした」と満足感に浸っていた時期もあったものです。

しかし、安売りしているからといって、たくさん買うのは良くないということをご存知でしたか?大量に安売りの商品を購入すると、逆に損することが多くなってしまうのです。例えば保存食品でも長期間おいておくと、品質が落ちてしまいます。せっかくたくさん買ったのに、品質が落ちていくのは何だかもったいなさを感じますね。

保存食品のストックは1つ

保存食品の中には賞味期限が切れて、使えなくなってしまうなんてこともあるのです。節約をするのなら、値段が安くても保存食品のストックは1つまでにして止めておきましょう。ストックが1つまでなら、品質が落ちる前に保存食品を使い切ることができると思います。

収納場所に困ってしまう

トイレットペーパーやティッシュなどの買い込みにも注意してください。トイレットペーパーやティッシュを買いすぎてしまうと、置き場所に困ることが多いです。収納場所がなくて奥にしまい込んでも、そのうち「どこへ置いたかな?」と忘れてまた買いに行くなんてことが考えられます。こちらも、ストックを決めておくようにしましょう。

安売りのときは、ストックを知っておくことがポイントです。買い物へ行く前に、あらかじめストックを確認するよう心がけてくださいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ