年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

洗濯したハンカチは窓ガラスに貼って乾かす ブックマーク数


アイロンがけは面倒くさい

ハンカチを洗濯するとシワができやすいですね。お出掛けのお供にハンカチは欠かせないので、シワ一つもないキレイなハンカチを持って出かけたいものです。しかし、シワをしっかりと伸ばすためにも、アイロンがけをしなければならないのは少々面倒を感じます。

母もハンカチ以外にアイロン掛けをする洗濯物がないときは「アイロンがけが面倒だわ」と言っていました。アイロンがけは、電気代はもちろんのこと、手間もかかってしまいます。恐らく、他にも母や私と同じような考えを持っている方がいるのではないでしょうか?

洗濯したハンカチは窓ガラスに貼って乾かす

最近では、そんな電気代とアイロンがけの手間を省く節約術を見つけました。それは、窓ガラスにハンカチを貼り付けるという方法です。

ハンカチを窓に張ることで、外からの直射日光でハンカチを乾かすのです。このとき、洗ったハンカチは脱水させずに引っ張ってから窓に貼り付けるようにしてください。シワを作らないようにするポイントになります。

また窓はきちんと拭いてからハンカチを貼るようにしましょう。窓に汚れが付いたままだと、せっかく洗濯したハンカチが汚れてしまいます。汚れがこびりつかないように雑巾などで窓をキレイにしてから、ハンカチを乾かしてくださいね。

この節約術なら、ハンカチを洗濯するときでもアイロンがけの電気代や手間を考える必要がなくなります。一度に両方の節約ができるのは何だかお得感を感じます。洗濯物にハンカチがあったときは、ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ