年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

お肉を冷蔵庫で保存する方法 ブックマーク数


お肉のような生鮮なものは、買ったその日に美味しく食べたいものです。しかし、生ものはとてもデリケートで直ぐに傷みやすくなってしまいます。しっかりとお肉の保存方法を覚えておくことが大切だと思います。

ここでは、お肉を冷蔵庫と冷凍庫で保存するときの方法をご紹介していきます。お肉は種類や形態によって保存方法が異なります。そのお肉に合ったやり方で保存してくださいね。

お肉を冷蔵庫で保存する方法

お肉の冷蔵保存は簡単で、多くの場合がラップに包んで保存します。しかし、ひき肉のように傷みやすいものは保存方法が違ってくるので注意してくださいね。

◆豚肉、鶏肉、牛肉
ペーパータオルで水分を抜き取り、ラップに包んでおきましょう。なるべく空気に触れないようにするのが大切です。

◆ひき肉
ひき肉はお肉の中でも傷みやすい方です。加熱してから冷蔵庫に保存しましょう。

お肉を冷凍保存する

お肉の鮮度を保つには、急速冷凍するのがポイントです。ラップで包み、熱伝導率の良いアルミのトレーに乗せて冷凍させましょう。お肉は種類や形態によって保存方法が異なります。

◆薄切り肉
一枚ずつ重ならないように、ラップに包んで冷凍します。

◆固まり肉
まずは食べやすい大きさに切りましょう。重ならないようにラップに包んでから冷凍します。

◆ひき肉
加熱させてから冷まします。その後、空気を抜きながら、平らにして冷凍します。

いかがでしょうか?お肉の種類や形態によって、このように様々な保存方法があるのですね。ひき肉は傷みやすいお肉なので、気をつけて保存するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ