年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

野菜を冷蔵庫で保存する方法 ブックマーク数


野菜を冷蔵庫で保存する方法

野菜は種類によって、それぞれ保存方法が違ってきます。ここでは、野菜の種類ごとに分けた保存方法をご紹介します。

◆キャベツ、ほうれん草、小松菜、春菊、サニーレタスなど
湿らせたペーパータオルや新聞などでくるみ、スーパーの買い物袋に包んで冷蔵庫に保存しましょう。

◆じゃがいも、玉ねぎ、人参、ごぼう、里芋など
新聞紙にくるんで紙袋の中に入れ、なるべく暗く風通しの良い場所に保存します。

◆なす、ピーマンなど
直ぐに蒸れてしまうので、穴を開けた袋に入れて冷蔵庫に保存してください。

◆かぼちゃ
種とワタを取ってピッタリとラップに包み、保存しましょう。

◆大根
葉に栄養分がいってしまうので、葉の部分を切り落として新聞紙にくるみ、冷蔵庫に保存します。

野菜を冷凍保存する

野菜を冷凍保存しておけば、食材を長期に保存できます。野菜によっては、冷凍できるものとできないものがあるので注意です。

◆ほうれん草
水洗いしたら保存袋に入れ、中の空気を抜いてから冷凍保存しておきます。

◆ブロッコリー、アスパラガス
食べやすい大きさに切り、保存袋に入れて冷凍しましょう。

◆大根
バットの上にラップを敷いて、大根おろしを流し込んで冷凍します。

◆キャベツ
水を切って、千切りにしたらポリ袋にいれて冷凍します。

◆えのき、しめじ
石づきの部分を包丁で切ってから保存袋に入れて冷凍します。

◆しいたけ
石づきが付いたまま状態で冷凍保存します。

◆なめこ
袋入りのものはそのまま冷凍しましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ