年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

お米の保存方法 ブックマーク数


お米をどのように保存していますか?
ポイントとしては、保存するのに適した場所を確保することが大切です。お米の保存に適した場所とは、一体どのような所なのでしょうか?

お米は風通しの良い日陰に

お米の保存場所は、風通しの良い日陰が最適だと言われています。冷蔵庫や床下収納など、温度が低くて涼しい場所に置くようにしましょう。

また、キッチンにお米を保存していることもありますね。キッチンは、火を扱うことが多い所なので温度が上がりやすいです。そのため、キッチンのような温度の高い場所は、お米にとって居心地が良くありません。なるべく涼しい場所にお米を保存するようにしましょう。

お米の保存期間

また、家庭でのお米の保存期間は月によって変わるということをご存知でしたか?お米の月ごとの保存期間は以下の通りになります。ご家庭ごとに状況が違うため、目安にしてください。

<お米の月ごとの保存期間>
・6月~7月→約20~25日
・8月~9月→約15日
・10月~2月→約1ヶ月
・3月~5月→約2ヶ月

こうして見てみると、月にとって保存期間がかなり違ってくることが分かりますね。中でも、春の季節は冬よりも保存期間が長いのでビックリしました。逆に、夏のような暑い季節は保存期間が短くなっていますね。夏はなるべく早めにお米を食べるようにすることが必要なのですね。

最後にお米を買うときには、精米日を確かめましょう。なるべく精米後の期間が短いもの(新しいもの)を選ぶと保存しやすいのでオススメです。お米は毎日欠かさず食べるものなので、しっかりと保存方法を覚えておきたいですね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ