年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

献立は考えておかないという方法 ブックマーク数


食材の買出しをするとき、献立を立てておく人が多いのではないのでしょうか?
余計な物を買わないためにも、あらかじめ献立を決めておいた方が良いかと思うかもしれません。しかし、献立は考えないという方法もあります。

高いキャベツを買ってしまった

前もって献立を立てておくと、その献立通りの食材を買わなければなりません。安くない食材でも買うことになってしまうので、予算以上のお金を使うことになるのです。

私も一週間分の献立をきちんと決めてから買出しに行っていました。その時は、献立の中にお好み焼きがあったので、キャベツを買おうとしたら値段が高くてビックリしたことがあります。けれど、すでに献立を決めてしまったので後戻りができず、結局キャベツを買ってしまったのです。

一度献立を立ててしまうと、食材が高くても「買わなくちゃいけない」という気持ちが働いてしまいます。出費を防ぐためには、献立を立てないようにすることがポイントだと思います。

安くなっている食材で献立を考える

食費の節約をするのであれば、その日に安くなっている食材を買うようにしましょう。

値段の安い食材をもとに献立を考えれば、予想外の出費が抑えられます。また、安い食材を色々な料理に使い回しをすれば、かなりの食費が浮いてきますね。

一つの安い食材で複数の料理ができるようになれば、上手にやりくりできます。スーパーのチラシをチェックしたり、タイムセールなどを見計らって買出ししたりすると良いかもしれません。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ