年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 > ガス代の節約 >

シャワーやお風呂は適温にする ブックマーク数


我が家のように「熱いお湯が好きだから」と言って、お風呂のお湯やシャワーを熱く設定していませんか?給湯器の温度設定が高いほど、ガスの量は多くなります。

熱すぎるお湯を使うのは避けて、39℃~40℃ぐらいの適温がちょうど良いです。また、熱いお風呂に入るのは体の健康上、よくないとも言われています。熱いお湯につかると、心臓に負担がかかりやすくなります。場合によっては、お風呂による熱中症もあるそうです。

特に、高齢者は体の機能が低下しているので、温度差が感じにくくなり、より注意が必要になります。

コメントをどうぞ