年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 > ガス代の節約 >

ガスコンロの汚れをこまめに掃除する ブックマーク数


ガスコンロの目詰まりは火力を弱くする

私は夕飯の片づけが終わると、いつもシンクやガスコンロの周りを布巾で拭いています。キッチンは、油や食べ物のカスなど色々な汚れが溜まってしまうところです。こまめに掃除しておかないと、すぐに汚くなってしまうので、常にキッチン周りはキレイにしているよう心がけています。

しかし、キッチンの中で結構見落としがちなのがガスコンロです。しっかりと掃除していても、たまにガスコンロだけ存在を忘れてしまうことがあります。みなさんは、ガスコンロの中まで掃除しているでしょうか?

ガスコンロは意外と汚れやすく、特にバーナー部分は目詰まりしやすいです。油や食べ物なので、ガスコンロが目詰まりしていると火力が弱くなります。そのため、熱効率がかかり、その分余計な火力を消費してしまうことになるのです。

ガスコンロの掃除はガス代の節約になる

ガス代を節約するのであれば、ガスコンロの掃除をするようにしましょう。

ガスコンロの汚れは、キッチンタオルと使い古しの歯ブラシを使います。キッチンタオルに洗剤を付けて全体を拭き、細かい場所は歯ブラシで汚れをとるのです。

こまめに掃除を続けていけば、ガスコンロもキレイに仕上がってガス代も抑えられますね。ガスコンロの掃除は、2ヶ月に1度を目安にして掃除をするようにしましょう。

コンロが汚れていると、熱効率が悪くなりガス代の無駄につながります。吹きこぼれなどでコンロのバーナーが目詰まりする前にお手入れしましょう。汚れが気になったら、こまめに掃除するようにしてみてください。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ