年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 > ガス代の節約 >

野菜の下茹では電子レンジを使う ブックマーク数


煮物はガス代も時間も消費する

母はよく夕飯に野菜と鶏肉の煮物を作ってくれていました。今でもたまに食べさせてもらっているのですが、昔から馴染みのある味がそのまま残っていて、とても懐かしさを感じます。

私にとっては思い出深い料理時間のため、「また作ってね」とリクエストすると、母は「野菜を煮るのに、結構手間がかかるのよね」と苦笑しながら言いました。

確かに、私も野菜を茹でるのは、少し時間と面倒を感じてしまいます。お鍋に水を入れて沸騰するまで待つだけでなく、食材に火が通るまで待たなくてはいけないので大変です。また、ガスコンロの火で茹でると、時間がかかるだけでなく、その分ガス代もかかってしまいますね。これでは時間もガス代も消費してしまいます。

電子レンジで野菜を下茹ですれば節約になる

時間も電気代も抑えられる良い節約術として、何があると思いますか?私が実践しているのは、野菜の下茹でに電子レンジを使うという方法です。

電子レンジの加熱は、ガスコンロよりも短時間でできあがります。そのため、光熱費が浮いて安上がりするのです。また野菜をラップをかけておくと、ラップが熱を閉じ込められ、より効率的に加熱することができます。

さらに電子レンジでの急加熱は、ビタミンなどの栄養素を逃がしません。野菜の栄養素が損なわれずそのまま摂取できるのは嬉しいですね。

このように、電子レンジを上手く活用することで、ガス代が軽減させられるのです。時間も電気代も節約できて、とてもお得感があります。ぜひ、ご家庭の電子レンジを使って下茹でを行ってください。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ