年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

トイレの大小レバーを使い分ける ブックマーク数


トイレに付いている大小レバーを使い分けると節約に繋がります。

小なら小、大なら大とレバーを使い分けておくのは普通のことなのですが、意外と出来ていない人が多いのではないでしょうか?

我が家では、トイレで用を足した後、小のときでも大レバーで流してしまいがちです。

しかし、大レバーを流すとき、小レバーの倍近い水が必要になるそうです。もちろん、その分水道代がかかっていまいます。小を大のレバーで流すのは、無駄な水道代を使ってしまっているということです。

少しの水の量で済むなら、なるべく節水したいものですよね。小のときは、大レバーではなく、小レバーで流すようにしましょう。トイレのレバーは使い分けが大事なので、注意してくださいね。

コメントをどうぞ