年金家計簿ガイド > 年金生活のボケ防止策 >

テレビを見てボケ防止 ブックマーク数


テレビでボケ防止

年金生活の母は時間を持て余して、テレビを見る時間が増えました。
テレビは見ている人に多くの刺激を与えますね。中には脳を活性化させる番組もたくさんあります。

高齢者になって動いたり、考えたりする機会がなくなると、脳は次第に衰えてしまいます。そうならないためにも、テレビを見て脳を活発にさせてみましょう。

クイズ番組でボケ防止

いま流行のクイズ番組は、頭を使って考えるので、脳の活性化に繋がります。もちろん、高齢者も例外ではありません。高齢者の方でもクイズで頭を使うと、自然と脳を活発にさせます。

また、クイズ番組の問題に答えるときは、頭で考えて口に出す人が多いと思います。正解や答えを導き出すときは、口で言うよりも紙に書き出してみると良いそうです。頭と一緒に手も動かすと、脳により多くの刺激を与えられます。そのため頭だけを使うよりも脳が活性化するそうです。

クイズ番組を見るときは、答えを紙に書きながら楽しみましょう。

お笑い番組でボケ防止

笑いは脳に良い刺激を与えてくれます。笑顔を作ることで、集中力や記憶力などが高まると言われているそうです。

また、気分や脳のリラックスにも繋がるため、ストレスを和らげる効果もあると言われています。たくさん笑うと心も感情も豊かになりますよね。

お笑い番組などの視聴者を笑わせるテレビ番組を積極的に見るようにしましょう。きっと、脳も心も健康的になるはずです。

アクション映画でボケ防止

私の父はアクション映画が好きでした。テレビガイドを読んでは、いつアクション映画の放送があるかチェックしていました。

アクション映画にはとある効果があるそうです。アクション映画にある手に汗握るような思わず興奮してしまうシーン。この興奮によって、脳からアドレナリンという物質が分泌されてきます。

アドレナリンとは、交感神経を活発にさせる働きを持つ物質のことを言います。アドレナリンが出てくることで、積極性や活力をもたらすのです。積極性や活力が持てるようになれば、どんなことにも自ら取り組む姿勢が出てきますよね。

毎日アクション映画を観ているのは、精神的にも少々疲れを感じてしまうと思います。たまに観る程度で良いので、脳にアドレナリンが分泌されるよう、アクション映画を見て活動的になりましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。