年金家計簿ガイド > 年金生活の防犯対策 >

高齢者を狙うアポイントメントセールスの手口とは? ブックマーク数


年金家計簿と母

高齢者を狙ったアポイントメントセールスが増加してるそうです。知らない人からの電話で、身に覚えのない懸賞の話題などを持ち出されたら、注意しましょう。アポイントメントセールスに騙されないためには、一体どうしたらよいのでしょうか?

「安い」、「お得」の言葉に注意

母の友人宅に一本の電話が入り、突然「いまなら健康食品が安くて、お得に手に入る情報があるんです!ぜひ、お話しだけでも聞いていってもらえませんか?」と言われたそうです。「安い」「お得」という言葉に弱い母の友人は、つい「はい、分かりました」と約束を交わしてしまいました。

数日後、スーツを着たセールスマンのような男性がやってきて、そのまま事務所へ誘ってきます。「奥様にぜひこの商品をおススメしたいのです」と何万円もする健康食品の押し売りしてきました。母の友人は「お得だからといって来たのに」と言うと、「いえいえ、この健康食品でこの値段はとても安いのですよ」と言い、わけの分からない専門用語を口にしながら商品の良さを訴えてきます。

お得とはいえ、あまりの値段のため最初は断ったそうですが、相手はとてもしつこく、長時間も粘って商品を売り込んできます。延々と商品の説明を聞かされ、最終的には母の友人が「いい加減にしてください!警察を呼びますよ!」と怒鳴りつけ、隙を伺って逃げたそうです。なんとか逃げられたから良かったものの、あのまま事務所にいることになってしまったら、買ってしまったかもしれないと言っていました。

アポイントメントセールスとは?

アポイントセールスは、一体どのような手口なのでしょうか?簡単にいうと、アポイントセールスとは業者が相手を呼び出し、高値の商品を売りつけたり契約させたりすることです。

例えば、「懸賞に当たりました」「お得な情報がありますよ」といった内容を電話やメールで伝え、会う約束を取り付けてきます。そして、自分の事務所に連れ込んで、契約を勧めたり高額な商品を紹介して買わせるなどしてくるのです。

パソコンやブランド品、絵画や会員権など様々なものを販売してきます。どれも高値であるにも関わらず、自分にとって利用価値が低いため、お金を払っても役に立たないことが多いです。また、アポイントメントセールスでは、高齢者を狙うために健康食品や健康器具といった言葉を使ってくるそうです。「健康」という単語を使用した手口には、くれぐれも気をつけてくださいね。

アポイントメントセールスの対策は?

アポイントメントセールスからの電話は、非通知でかかってくることが多いです。非通知の場合は、相手が誰なのかをきちんと確認してみましょう。ごまかされたり教えなかったりしたら、用心しましょう。

また、アポイントメントセールスは「懸賞に当選しました」というセリフを使って相手を呼び出そうとしてきます。身に覚えのない懸賞や話題を持ち出されたら、怪しいと思って対応しましょう。

さらに「お得ですよ」や「安くなるんです」という言葉に注意です。アポイントメントセールスの多くは、こういったセリフで相手を惑わしてきます。少しでも怪しいと思ったら、話に乗らないよう気をつけてください。

とても大切なのは勧誘されても会わないようにすることです。一度でも会ってしまうと無理やり商品を押し売りされてしまいます。そうならないためにも、会う約束を交わさず、直ぐに電話を切りましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ