年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

水道代を節約しましょう ブックマーク数


水道代の節約とは?

お風呂や食器洗い、トイレで無くてはならないのが水道ですね。我が家では、水道代節約に奮闘しているのですが、気を抜くと水を出しっぱなしにしてしまうことがあります。

たとえば、うがいと歯磨きのときは、水を流したままにしてしまいます。「歯磨きなんて直ぐに洗い終わるから」と、水道の栓を締めずに放置します。とても勿体無いことをしているなぁ、と思うのですが、こまめに水を止めるのもちょっと面倒だと感じて、なかなか直りませんでした。

でも、水道代の節約を始めてから、水道料金の明細が安くなりました。水道代は、ちょっとした工夫を加えるだけでかなり違ってきます。私が心がけている水道代の節約術をご紹介します。

水道代の仕組みは?

水道代はどのような仕組みで成り立っているのか、ご存知ですか? 水道代の仕組みは、このような式で成り立っています。

水道料金=基本料金+(水使用量×単位料金)+下水道料金

シャワーなど水の流しっぱなしは、無駄な水道代となります。たとえば、 約8秒間蛇口を開けているだけで、1.5リットルもの水が流れれるそうです。 これでは、こまめに水を止めないと、水道代が勿体無くなりますよね。

水道代の節約には、こまめに栓を閉めておくことが大切です。 また、水の再利用や水を使わずに済む方法を考えるのもポイントの一つになってきます。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ