年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

魔法瓶で冷蔵庫の開け閉めを防ぐ ブックマーク数


夏のような汗ばむ暑い日が続くと、冷たい麦茶が美味しいですね。
我が家は、毎年夏になると麦茶を作りおきするようにしています。母も子ども達も麦茶が大好きなので、直ぐに容器が空っぽになってしまうこともしばしばです。

しかし、みんな麦茶を飲むために一日に何度も冷蔵庫の開け閉めを繰り返しています。冷蔵庫の開閉は冷気が外へ逃げてしまうので、庫内を冷やそうと電力が消費されていきます。夏は気温が高いため、その分の余計な電気代も多くかかってしまいます。

なるべく冷蔵庫の開閉は控えておきたいものですが、夏は冷たくて美味しい飲み物が欲しくなるものです。いくら節約とはいえ、気軽にいつでも美味しい飲み物を口にできないのは不自由さを感じてしまいます。

魔法瓶で電気代の節約

それでは、一体どのようにして節約をしていけば良いのでしょうか?
こんなときに役立つのが、魔法瓶です。魔法瓶とは、スープやお茶など中身の温度を長時間保つことができる容器のことをいいます。飲み物の保温・保冷には最適な道具です。

この魔法瓶に麦茶と氷を入れておくことで、冷えたままの状態が長い時間保たれるので、いつでも冷たい麦茶を飲むことができます。魔法瓶を使えば、冷蔵庫の開け閉めの回数が自然と減ってくるはずです。冷蔵庫の電気を使わず、常に美味しい麦茶を飲めるのは嬉しいですね。また冬の日は魔法瓶に温かい飲み物を入れておくと、保温のための電気代が軽減されます。

便利な魔法瓶で上手くやりくりしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ