年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

掃除はホウキで掃いて電気代を節約 ブックマーク数


こまめに掃除機をかけていますか?
キレイ好きの母は、毎日掃除機をかけており、いつも部屋中がピカピカです。私は掃除が若干苦手なところがあるので、母のキレイ好きな所はとても尊敬します。

しかし、毎日のように掃除機をかけていると、当然電気代が高くなってしまいます。キレイ好きな人にとって、この悩みはとても致命的なことですね。そんな悩みを解消させるためには、掃除機を使う時間を短くすればいいのです。

ホウキで掃いて電気代を節約

掃除機の時間を短縮させるよう、まずはホウキを用意しましょう。
ホウキで大きいゴミを掃いた後、掃除機で吸い取れば大抵はキレイになります。部屋がフローリングなのであれば、ホウキと雑巾掛けをすれば埃などの汚れがほとんど取れるので、掃除機は使わなくて大丈夫です。

また掃除機で取りにくいゴミは、別の道具を使うようにしましょう。例えば、部屋の隅などにあるゴミは掃除機だと取りにくいことがしばしばです。ホウキと雑巾なら隅っこのゴミでも取りやすいので、掃除機を使わなくて済みますね。さらに、絨毯に溜まったゴミも掃除機では吸い取るのが難しいと思います。コロコロやガムテープなど粘着性のある道具を活用すると良いですね。

このような方法なら、自然と掃除機を使う回数が少なくなっていきます。この節約術を母に教えると、以前よりも電気代が浮いたと喜んでいました。掃除機でなるべく電気を消費させないようにするのも節約に大切なことなのです。

ホウキなどの色々な道具を使い分けながら、必要なときに掃除機をかけると電気代の節約になりますね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ