年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

洗濯物はまとめ洗いで節約する ブックマーク数


少ない洗濯物を毎日洗う母

みなさんは、どのぐらいの頻度で洗濯をしていますか?
母は洗濯機を毎日かけるのが習慣になっています。洗濯機の容量の半分にも満たない洗濯物。なんだかもったいない気がしてしまうのです。

洗濯をするペースは家庭によって違ってくると思いますが、何回も洗濯機を使うのはあまり経済的ではありません。洗濯機は使用する頻度が高ければ高いほど、電気代も水道代も増えてしまいます。

特に母のように1人暮らしで毎日洗濯機をかけてしまうのは、無駄な電力を消費している可能性があります。

洗濯機の容量の8割を目安に

洗い物をまとめて、洗濯機をかけた方が自然と回数も減ってくるので、節約に繋がりますね。それでは、一体どのぐらいの量の洗濯物を溜めておけばいいのでしょうか?

一般的に最適だと言われているのが、洗濯機の容量の8割だそうです。8割という目安は、効率的に電力を消費して洗濯機を働かせるそうです。

8割も満たない洗濯物の量では、電気と水道の使用量が増えてしまいます。また、洗濯物を詰め込みすぎると電力が上がるので、逆効果になってしまうそうです。

少し余裕のある方が、全体に洗剤が行き渡るので、洗濯機の容量の8割を目安にしたいですね。

このように、洗濯は意外なところで多くの電気代が消費されているのです。洗濯の回数や容量などに気をつけて、電気代の節約をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ