年金家計簿ガイド > 年金生活の節約術 >

コンセントを抜いて待機電力を抑える ブックマーク数


テレビや洗濯機、レンジなどを使っていないとき、コンセントを差しっぱなしにしていませんか?

私もパソコンを使った後など、よくコンセントを差したままの状態にすることが多かったです。誰でもついやってしまいそうなことですが、実はコンセントの差しっぱなしは電力を消費するそうです。

電化製品を使用していなくてもコンセントにプラグを差し込むだけで消費される電力のことを待機電力といいます。

待機電力の消費について

待機電力が発生してしまう電化製品として、以下のようなものが挙げられます。

<待機電力を消費する電化製品>
・テレビ
・DVDレコーダー
・電話機
・エアコン
・パソコン
・電子レンジ
・洗濯機
・温水洗浄便座
・携帯の充電器

逆にスイッチが切ってあれば待機電力を消費しない電化製品は以下の通りです。

<待機電力を消費しない電化製品>
・ドライヤー
・アイロン
・掃除機

いかがでしょうか?
待機電力を消費する電化製品は私たちが普段何気なく使っているものが多いですよね。待機電力は年間の電気料金の10%を占めているそうです。電気代を節約するのなら、まずは待機電力を減らすことが大切だと思います。

それでは、待機電力を節約するにはどのようにすれば良いのでしょうか?大切なのは、使わないコンセントをしっかり抜いておくことです。

「これはいま使わなくてもいい」と思う家電製品のコンセントは外しておくようにしましょう。うっかり抜くのを忘れてしまうことがあるかもしれませんが、普段から心がけるようにしてみてください。

また旅行に出掛けるときや使っていない部屋のブレーカーを落としておきましょう。待機電力消費がストップするのでコンセントを差しっぱなしにしても電気代がかかりません。自分の家の中の家電を見直して、待機電力を減らすようにしてみてください。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ