年金家計簿ガイド > 年金家計簿の始め方 > 年金家計簿のつけ方 >

1ヶ月間の家計の収支を出す ブックマーク数


年金家計簿と母

1ヶ月の収支収支って何n?
月末になったけれど、残ったお金を確認すればいいのかしら?そういえば、今月は赤字になっていた項目があったわ。赤字を見つけると、とてもガッカリしちゃう・・・。私に家計簿は向いてないのかしら?

1ヶ月のかかったお金と予算の比較をする

1ヶ月の収支とは、ひと月の収入と支出をまとめることです。毎月14日になったら、実際に入った収入とかかったお金を項目別に書きましょう。

1ヶ月の予算を決めるの時に、家計簿に予算を書きましたね。予算の横に実際にかかった金額を記入します。全ての項目を書き出したら、かかったお金と予算を比較します。

「今月は赤字があったかな?」と確認をすることで、予算以上のお金を使ったと自覚できるようになるのです。また、どうして予算以上のお金を使ってしまったのか、という原因を見つけられます。原因を発見するのことは、とても大切なのです。

トータルで赤字でなければ大丈夫

項目で赤字を見つけても、気を落とさないでください。
「赤字だったから、もうダメだ」と思う必要はありません。各費目内で予算を調整してマイナスを出さないようにすればいいのですから。大事なのは、トータルで赤字にならないことです。あまり赤字にとらわれすぎてしまうと、家計簿が長続きしません。

母も、前に年金家計簿が赤字になったとき、プレッシャーを感じたのか、家計簿をつけるときはとても慎重でした。「赤字が出ると、思わず家計簿を投げ出したくなる」と密かにつぶやいていたのを思い出します。これだと、赤字を見つけるたびに、諦めがついてしまいますよね。

最初から黒字にしようと思っても、なかなか上手くいきません。初めは、赤字になってしまう方が多いものです。けれど、赤字になっても気にせず、「次は黒字にしよう!」という心構えでいましょう。

年金家計簿と娘

1ヶ月の収支を出すのポイント
・月末の収支は、実際にかかったお金を項目別に書いていく
・かかったお金と予算を比較し、予算以上なら原因を見つける
・トータルで赤字にならなければ問題なし
・赤字にとらわれず、前向きな気持ちで

スポンサードリンク

コメントをどうぞ