年金家計簿ガイド > 年金家計簿の始め方 > 年金家計簿のつけ方 >

現金は袋分けで管理する ブックマーク数


年金家計簿と母

1ヶ月の予算を立てて、家計簿もきちんとつけているけれど、なかなかやりくりの効果がないみたい。現金が一つにまとまって置いてあると、つい使いすぎちゃうわ。どうやって抑えればいいのかしら?

現金の支出は袋分けをする

月の予算を立てて、いざ実行してもお金が手元に残らなかったなんてことがあります。これは、予算をきちんと分けていないからです。「食費はこれだけのお金にしよう」と心に決めても、一つに予算がまとまっているとつい使いすぎてしまいます。それを避けるためにも、月の予算は袋分けにして分類しましょう。

例えば、食べる/暮らす費は一週間5,000円として、予算ごとにその分だけのお金を入れます。同じように積み立てなど現金の支出は項目ごとに予算の金額を袋に入れてください。袋にお金を入れてしまえば、「もうこれ以上使えない」とブレーキがかかりますね。

袋分けをすることで、「予算内でやりくりする」という意識を持つことができます。もし、お米代の予算が赤字になったら、予算が残った袋からやりくりするようにしましょう。合計で赤字にならなければいいのです。

袋分けでの工夫

袋分けに使う袋は、銀行にある封筒を利用しています。
わざわざお店で封筒を買いに行くよりも、銀行の封筒なら無料で手軽に貰えますよね。また、袋分けで「食べる/暮らす費」と書くときもなるべく大きな字で分かりやすく記入しましょう。

年金家計簿と娘

袋分けで管理するのポイント
・家計簿の項目ごとに袋分けする
・袋に書く字は大きく、分かりやすく書く
・予算が足りなくなったら、他の袋と合算して、やりくりする

スポンサードリンク

コメントをどうぞ