年金家計簿ガイド > 年金家計簿の始め方 >

1ヶ月間の生活費を調べる ブックマーク数


年金家計簿と母

1ヶ月の生活費なんてわからないわ。
お父さんが生きていた頃は食費だけしか管理していなかったもの。月払いの支出は、現金支出と自動引き落としで払っているけど、いちいち記入しておかなくてもいいわよね?

収入と支出を把握する

次に家計で1ヶ月いくらかかっているか、生活費を調べます。つまり「収入はどこからいくらもらえるか?」「支出はどこへいくら支払うか?」を調べるのです。こちらもノートに書き出しましょう。ほとんどが自動引き落としのため、通帳を見ればわかります。

・年金はいつ?いくら?どの口座に振り込まれるのか?
・自動引き落としになっている支出はどの口座でいつ、いくら支払っているか?
・現金で支払っている支出はどこへいくら支払っているか?

月払いの支出を書き出す

まず、前月の月払いの支出をノートに書き出してみましょう。月払いには、現金支出と自動引き落としの、2つの払い方があります。いつが現金支出で自動引き落としなのかを書き出すことで、「それぞれにいくら使っているのか?」ということを知ることができます。

支給される年金よりも、支出されるお金の方が高額だと困りますよね。それを避けるために、出て行くお金を知り、調整する必要があるのです。

月払いの支出を表にしてまとめる

前月の月払いの支出の現金支出と、自動引き落としをそれぞれ書き出したら、今度は表にまとめます。

過去1年間の支出を表にします。実際に表にして整理しておくと、月払いの支出が一目で分かりやすくなるのです。毎月払うものを把握したいときは、表を作成してみましょう。

今後の支出を再検討する

いかがでしょうか?今の財産と今までの家計を把握できましたか?

財産と収入と支出が把握できたら、これからの支出を再検討します。
年金家計簿5つのルールで書いたように、「何を優先するか?」「何を切り詰めるか?」を考えて計画的に使い分けなければなりません。優先順位を決めましょう。

年金家計簿と娘

1ヶ月間の生活費を調べるのポイント
・月払いの支出を書き出す
・現金払いと自動引き落としの金額と支払日を把握する
・月払いの支出を1年間分、表にしてまとめる

スポンサードリンク

コメントをどうぞ