年金家計簿ガイド > 年金の基礎知識 >

年金の対象は高齢者だけではない ブックマーク数


子ども

年金とは、一体どのようなものなのでしょうか?年金を一言で表すと、全ての国民を対象に年単位に支払われる金銭給付のことをいいます。

年金とは?

もう少し分かりやすく説明しますと、老後の生活などをお金で保障するために国から支給される毎月の生活費です。年金は20歳以上から60歳未満の人を対象に毎月年金という形でお金を必ず支払うこととなっています。

このように、全ての人々が強制的に年金に加入することを国民皆年金といい、年金に加入するのは国民の義務であると言われています。国民の義務というと、何だか窮屈さを感じてしまいますね。

しかし、定年で仕事を辞めた時に生活を安定させるためには、年金がとても重要になってきます。将来の生活を考えてみると、今のうちに年金を支払っておくのは大切だと思います。

『公的年金』と『私的年金』

年金を大きく2つに分類すると以下に分かれます。

  • 公的年金
  • 私的年金

公的年金には、国民年金・厚生年金・共済年金の3つの種類があります。
一方、私的年金には、国民年金基金・企業年金・共済年金の職域年金相当分の3種類です。

一口に年金と言っても、よくよく調べてみると様々な種類があるのですね。公的年金と私的年金の詳しい説明については「年金の種類」で紹介します。

年金の対象は高齢者だけではない

年金というと、高齢者に支給されるお金というイメージが強いかと思います。私も老後の生活を補うために年金があると思っていました。しかし、年金は高齢者のためだけに支払われるものではありません。年金には「老齢年金」「障害年金」「遺族年金」という年金制度があるのです。

  • 老齢年金→65歳以上になってから支払われる年金
  • 障害年金→障害をもったときに支給される年金
  • 遺族年金→本人が亡くなったときに残された家族対して支払われる年金

老齢年金は、20歳から60歳の間にきちんと年金を支払い、かつ65歳以上にならなければ年金を支給されることができません。障害年金は年金に加入していればすぐに障害をもってからでも支給の対象になります。

高齢者になるまで年金を支払い続けなければならないと思うと、とても気が遠く感じてしまいます。中には、「老後までお金を払うのは面倒だわ」と言って年金を納めない人もいるかと思います。しかし、障害はいつどこで自分の身に起こるか分かりません。若い頃から年金を支払っておくことは損ではないと思います。

この記事は2011~2012年に調べたことを元に書いています。最新の情報は日本年金機構ホームページをご覧ください。
日本年金機構ホームページ

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。